読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポイントフリークス! ~楽しいおこづかい倍増計画~

陸マイラー生活をもっと楽しむ為の総合ポイントハック情報アンテナ。攻略方針や個人戦績、小ネタにウルテク何でもござれ!

モニター案件の謎。過去に実施した案件は再度受けられるのか?(調査中)

モニター案件

今日は10月1日という事で、皆さん月初めの高額案件探しやモニター案件掘りに勤しまれた事と思います。

 

私は深夜0時から各ポイントサイトに張り付き、モニター案件を見ていたのですが・・・サイトの重いこと重いこと。みんな考える事は同じですね。

 

目当てである行きつけの店のモニター申込画面までたどり着くも、結果は皆落選・・・
どのポイントサイトで試しても同じです。(1つのモニター会社が複数のポイントサイトに案件を卸している為)
具体的には申し込みページは表示されても、いざ申し込むと「厳正な内部抽選の結果、落選」したと表示が出て終了してしまうのですね。
それにそもそも申し込みページまでたどり着かない事もあって、トータル1時間くらい格闘しましたが結局お目当てのお店の案件はゲットできずあきらめてしまいました。

 

そのとき頭によぎったのは、「このお店、既に一度モニターしていると再当選はさせてくれないのではないか?」と言う事です。
私は個人的にあまり外食をする方ではなかったこともあって、モニター案件でも行った事のある一握りの店に絞って案件を探していました。
今回狙っていたお店も、今月・先月と2回連続で落選しているのですが、実は既に一度=6月くらいにモニター実施済みの店なのです。(美味しかった)

 

お店としてもコストを支払ってまで自分の所に来てもらうわけですから、同じお客さんに何度も来店してもらうより、様々な人を呼び込みたいと思うはず。
再当選NGと設定するだけの動機は十分あると言えそうです。


こういった想像から、私は「もしかするとお店によっては裏設定で当選は一人1回まで=再度実施不可としているのでは?」という仮設を立てた次第です。
ただ、これを検証するには一人では無理でしょうね・・・何かよい方法はないものか。
継続調査事項として、ちょっと腰をすえて考えてみる事とします。

 

-----------------------------------------------

 

余談:ポイントサイトのモニター案件の重さについて。
私の仕事もIT系と言って差し支えない業種なのですが、万が一にも仕事においてユーザが体感するほどの遅延ないし障害を出したとすると、これはとんでもない事です。

原因は回線か。それともサーバか、ソフトか? 予期できた不具合なのか?
これらを切り分けて早急に再発防止策を立て、会社に報告せねばなりません。
そうやって次に同じ障害を起こさないよう万全の用意をする事が常識であると信じていました。

それだけに、毎月始めに似たような障害・・・蓋を開ければおそらく単なるアクセス集中でしょう。それにサーバが耐え切れずエラーを返しているか、もしくはその手前のロードバランサ(負荷分散装置)が負荷閾値超えを検知してweb側から入ってくるリクエストの9割を捨てているか・・・
どちらにせよサーバ処理能力とネットワーク周りのちょっとした増強ですぐ回避できます。費用は掛かるかもしれませんが、作業自体はカンタンです。
こんな単純な障害を毎回繰り返すポイントサイトのリソース配分方針には、驚きを隠せません。なぜ、今のような状況を放置できるのか。

モニター案件のページの重さが、ポイントサイト側なのか、それともモニター案件を供給する大元の方なのかは分かりません。ですがどちらにせよ運営側はもっとサーバなどの設備投資金を増やすべきだと思います。設備投資こそが企業の継続成長における鍵だというのが私の信念です。

 

ユーザ視点では企業の成長などよりも、ポイントと言う目に見える形でしっかり還元してくれるか否かという点が最も重視される判断指標となることでしょう。
しかし、技術者視点に立って見るならば、ユーザーベネフィット(顧客満足度)という観点で設備投資を続けていく事こそが重要に思えてならないのです。